第六回:まとめ

① 英文法はルール
 今回は今までの五回を通して伝えたかったことのおさらいとまとめ、補足をしていきたいと思います。気になった内容があれば是非前回までのブログを見直してみてください。

 まず、このブログを通して僕がみなさんに一番伝えたかったことは、英文法は英語のルールであるということです。第一回でこのことを述べたあとも何回か引き合いに出しましたが、英文法は英語という科目の中の一つの暗記分野であるというよくある思い込みから、英語を書くためのルールなのだという認識になってもらえたのならば幸いです。

 また第四回に書いた、逆説の表現などの言葉の使い方も英語のルールであると言えます。特にこの分野は一単語の表現も多く、学習がおろそかになりがちだと思うので、自信があっても一度復習してみることをおすすめします。

② 丸暗記と理解
 次にこのブログを通じて伝えたかったことは、文法事項の丸暗記を始める前になんとかその中身を理解できないか試してみて欲しいということです。この話は第五回で分けたうちの、特にイディオムや慣用表現のパートに役立つものだと思います。このパートは非常に情報量が多いので、片っ端から丸暗記を試みる方が楽なのかもしれません。しかし情報量が多いからこそ、一度学習した内容を忘れないようにするためにしっかりと理解することが大切なのです。

 また、この考え方は英語のルールのパートにも当てはめて使うことができます。例えば、みなさんは仮定法がなぜ一つ前の時制を使用するか聞いたことはないでしょうか(仮定法過去は現在のことを表していて、仮定法過去完了は過去のことを表している)?それは、英語では現実出ない状況について話をするときには過去にあったものと同じ時制を使うというルールがあるからです。このルールを理解しておけば、「仮定法過去は If S 過去形, S would 原型 で……」と長い文の構造を暗記する手間が少し省けるのではないでしょうか。

 ここまでは理解することが絶対正義であるように書いてきましたが、時には丸暗記も必要なのだということも忘れないでいてください。例えば上の例で仮定法の作り方を理解していたとしても、動詞の不規則変化を覚えていなかったら元も子もありません。他にも、助動詞や前置詞のスペリングや単語に分けて理解しようとしても不可能そうなイディオムなどに関しては暗記するしかありません。決して丸暗記が悪いのではなく、理解することは丸暗記の効率の良い方法であるのです。

③ 最後に
 いよいよ第一回から続いた僕のブログも今回で最終回となりました。ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございました!最後に、英文法の学習の先にある受験や大学生活で文法がどのように役に立つかについて書いていきたいと思います。

 受験においては、英文法はセンター試験の大問2のような文法問題として出題されるイメージが強いと思いますが、大学ごとの個別試験においては大学のレベルが上がるほどに文法問題は出題されなくなっていきます。おそらく、レベルの高い大学ではただの文法問題では差がつかないからでしょうが、その代わりに長文の問題に仮定法や難解な英文解釈などの高度な文法の理解を問うようになってきます。特にこのような問題では文法事項の形の暗記よりも、例外的な形を出題して理解を問う問題も多いので、何度も復習してルールの確認を怠らないようにしてください。

 さて、受験を終えるとみなさんは大学生になると思いますが、受験期に英語に真剣に取り組んだ人であれば英語を喋ってみたいと感じるのではないでしょうか。このスピーキングの際にも、英語のルールがしっかりと頭に入っていることは大きなアドバンテージになります。僕も大学に入ってスピーキングをしてみて感じたのですが、英語を喋ろうとすると予想以上にうまく言葉が出ませんし、頭が混乱してしまいます。そんな混乱時にでも使える知識とは、うろ覚えの知識ではなくしっかりと身についている知識です。今この受験時代に文法をしっかり学んでおけば、受験が終わった後の大学生活やそのあとにおいても役に立つスキルが身につくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です